トミタ建築設計スタジオ

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • カテゴリー
  • 2015/05/27 PM-12:00

    コンペを機に知り合うことのできた建築設計の仲間(すみません。先輩の方もいらっしゃいますが敢えてそう呼ばせてください。)と、京都の美山へ旅行をしてきました。

    道程に日吉ダムに寄りました。ちょっとのはずがダムが魅力的で心を奪われて、、、。

    美山に入り宿に近づきつつありますが、青い屋根の「元 茅葺き屋根」のおうちを発見。なんだかかわいいです。

    旅の目的は、「茅葺屋根の宿に泊まる」ということなのですが、いろいろ立ち寄ったために宿に到着するのはかなり遅い時間になってしまいました。

    2015/05/27 AM-11:48

    研修旅行の最大の目的地である京都府美山町大野にあるお宿「さいふぉん亭」に到着しました。
    茅葺屋根の母屋と渡り廊下でつながった蔵と離れで宿泊ができます。料理も地場の野菜やお肉を中心に、そしてお宿の名前である珈琲も美味しいです。


    2015/05/27 AM-11:37

    さいふぉん亭に泊まり一夜明けた朝、大野地区を散策しました。

    どの家庭も朝の支度に忙しそうで、台所あたりからいい匂いがしてきます。

    元々茅葺きだった家のようですが、屋根板金の張り方がかわいらしいです。

    集落で一際目立つ大きな建物はお寺のようです。

    神社も同じく茅葺屋根だったのでしょう。

    境内には土俵がありました。

    2015/05/27 AM-11:20

    宿泊した大野地区から車で30分程度のところに「かやぶきの里」はあります。

    山の裾野に集まった家々には生け垣はなくとてもこじんまりとした佇まいです。
    赤いポストが目立ちますが、、、。


    屋根の北面は苔が多め。

    道路面に近い屋根。


    美山民俗資料館を見学しました。

    座敷で休憩。

    屋根裏も見せてもらいました。照明で照らされているので見やすくなっていますが、本来はもっと暗い場所です。

    蔵に上がるところにある踏み石。

    続いて「ちいさな藍美術館」も見せていただきました。

    2015/05/27 AM-11:12

    美山からの帰りに鯖街道の熊川宿に寄りました。

    2015/05/27 AM-10:30

    琵琶湖の北側にある菅浦を散策しました。ちょうど写生大会が行われていました。
    仲の良さそうな2軒href="http://tomita-arch.jp/wp/wp-content/uploads/2015/05/150518菅浦2軒.jpg">
    分かれ道。右側はかつては浜だったのでしょうか。


    ときどき見かける「作業場」。町のいたるところにあります。

    2015/05/24 PM-18:30

    ご縁があり、6月3日の一般公開に先立ち、犬山にある堀部邸を見学させていただきました。
    堀部邸は犬山の市街地にある、明治から大正にかけて建てられた武家屋敷風の住宅です。国の登録有形文化財にも登録されています。
    位置は犬山城の城下町の少し南のはずれにあります。この付近だけ少し道が入り組んでいて、道も狭く、もしかするとすぐ東にあったとされる木之下城の城下町だったのではとも考えられます。
    ※木之下城とは犬山城が築城される前にあったお城です。犬山市役所の東、現在の愛宕神社付近にあったとされています。

    2015/05/24 AM-02:30

    時代が変わっても、人が美しいと思う感覚は変わらないのか。
    山本亮平さんの器を見てそんなことを考えています。

    山本さんにお会いするのは今日で2回目。前回から2年も経ちました。
    その時は、なにか重いものを背負った人だなという印象を持ちましたが、今日もその印象は変わりませんでした。

    haseさんの展示台に似たような形状の器が2つありました。その2つを手で持ってみると明らかに重さが違う。不思議に思って山本さんに訊ねてみたら、「右のは粘土で出来ています。左のは砂岩を砕いて、、、。」どうやら石を採掘して砕いて不純物を取り除き固めて焼いて器にしているそうです。う〜ん。よくわかりません。でもきっとむかし(400年前くらいでしょうか)有田ではこのようなやり方で作っていたのでしょう。

    山本さんの住んでいる有田では、よく磁器の破片が転がっているそうです。それを拾って観察して、作品を作る手がかりにするそうです。もしその破片が400年前のものだったら、ワクワクするだろうな。
    時代を超えるとはこういうことなのかもしれない。
    山本さんの作られる器の姿・形はもちろん美しい、でも作るという行為そのものが純粋で美しい。
    初日に行くことができて良かったです。

    2015/05/20 PM-18:00

    明日21日も八事山興正寺マルシェに出店します。
    天気も良さそうです。
    皆様のお越しをお待ちしています。

    2015/05/16 PM-19:12

    揖斐川町(旧春日村)で茶摘みをしてきました。
    古来茶という品種でやぶきたよりも古く、揖斐の山奥で作られているお茶です。
    標高が高く急斜面で人の手により作られていて、もちろん無農薬。
    2チームに分かれて、熱を加え→揉む 何度かを繰り返し、やっとお茶っぽくなりました。
    飲み比べましたが、作り人によって全く違う仕上がりになるんですね。
    私達が作ったお茶を「わか」、もうひとつのチームが作ったお茶を「はるひ」と名付けました。

    トミタ建築設計スタジオ