トミタ建築設計スタジオ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • カテゴリー
  • 2015/04/03 PM-21:23

    千種区の店舗の現場でモード学園の学生にピクトを描いてもらいました。

    2014/08/20 PM-20:00

    本日、無事に 朝日遺跡模型制作ワークショップ の3回目を終えました。
    子供から大人までいろいろな方に参加いただき、本日ほぼ形になりました。
    ご参加いただいた方々、誠にありがとうございました。
    あとは樹木や人などを入れて完成です。完成後は愛知県清洲貝殻山貝塚資料館に展示予定ですので、日程が決まりましたらこちらでご連絡します。






    2014/07/27 PM-15:46

    昨日、朝日遺跡模型制作ワークショップの2回目が終わりました。
    ご参加いただいた方々、誠にありがとうございました。
    前回だいたいの地形が出来上がったので、今回は環濠やお墓の濠を削りジェッソで下塗りをしました。
    あと小学生チームには県教育委員会の原田さんの指導のもと本物の円窓付土器を目の前に置き、粘土で模型を作ってもらいました。贅沢な体験ですね。

    次回は最終回です。
    8/20(水)13:30〜15:30 に開催予定です。
    いよいよ着色を行います。あと住居も作れたらいいですね。
    参加ご希望の方はご連絡をください。
    お問合せアドレス inquiry@tomita-arch.jp

    2014/07/16 PM-20:50

    名古屋市名東区の本郷駅前の不動産屋さん「ROOM SELECT」の塗装工事をモード学園の学生と行ないました。
    ポーターズペイントを平滑に仕上げ、オリジナルのピクトサインを筆で描きました。


    2014/06/28 PM-21:24

    本日、朝日遺跡模型制作ワークショップの1回目が終わりました。
    ご参加いただいた方々、誠にありがとうございました。
    切って貼っての作業を繰り返し目標以上のところまで進めることができました。
    次回はスムーズに着彩作業ができそうです。

    今後の予定は、
    2回目 7/26(土)13:30〜15:30
    3回目 8/20(水)13:30〜15:30
    です。

    作業は、「愛知県清洲貝殻山貝塚資料館(愛知県清須市朝日貝塚1)」で行ないます。

    1日だけの参加でも構いません。
    参加ご希望の方はご連絡をください。
    お問合せアドレス inquiry@tomita-arch.jp



    2014/05/30 PM-16:42

    この度、愛知県埋蔵文化財センター副所長の赤塚次郎先生より、清州にある朝日遺跡(清州ジャンクションの下です)の模型を一般参加型のワークショップ形式でつくれないかという打診をいただき、お手伝いをさせていただくことになりました。
    4名ほどですが、参加者を募集いたします。ご興味のある方はぜひ富田までメッセージをお送りください。
    お問合せアドレス inquiry@tomita-arch.jp

    以下要項です。

    名古屋第二環状自動車道(名二環)と名古屋高速6号清須線及び名古屋高速16号一宮線の交わる清洲ジャンクションの下に、朝日遺跡という今から2200年ほど前に開かれた集落跡があります。東西に1.4km、南北に0.8kmという佐賀県の吉野ケ里遺跡に匹敵するほどの大きな集落跡です。最盛期には1000人もの人々が暮らしていたと推測され、当時としては東海地方最大の都市だったのではと考えられています。
    今回この遺跡の模型制作を一般参加型のワークショップとして行なうことになりました。このワークショップは全3回開催し、貝殻山貝塚資料館にて制作を行い、展示をします。制作途中も一般公開します。
    作業は主にカッターナイフを使いスチレンペーパーという1mm厚のシートや細い棒を切り、接着剤で貼って、塗料で色を塗るというようなものです。

    以下、応募の条件といたしまして上げさせていただきました。
    ・小学校5年生以上
    ・遺跡や古墳に興味のある方
    ・清洲が好きな方

    また、以下の方のご参加を優先とさせていただきます。
    ・清洲近辺にお住まいの方
    ・全3回参加可能な方

    場所:愛知県清洲貝殻山貝塚資料館 愛知県清須市朝日貝塚1
    開催日時
    1回目 6/28(土)13:30〜15:30
    2回目 7/26(土)13:30〜15:30
    3回目 8/20(水)13:30〜15:30

    私自身、建築設計が専門のためご迷惑があるかもしれませんが、万全な準備を行いできる限り細やかな対応させていただきます。
    よろしくお願いします。


    2013/04/25 PM-17:43

    昨日、名古屋市昭和区桜山の「さくらやまーけっと」にて、木曽川と古墳のお話をさせていただきました。
    多くの方にお越しいただきました。ありがとうございました。
    五平餅づくりもうまくいき、木祖村のエゴマを使った本格的な五平餅ができました。

    2013/04/05 PM-16:30

    名古屋市昭和区桜山の「さくらやまーけっと」にて、木曽川と古墳のお話をさせていただくことになりました。
    4/24(水)17時から20時まで
    場所はさくらやまーけっと
    名古屋市昭和区桜山町6丁目104 地下鉄桜通線 桜山駅の7番出口からすぐです。
    長野県木祖村名古屋出張所さんとシュガーアートの白砂さんの協力を得て、参加者で木曽名産の五平餅も作ります。
    ご興味のある方はぜひお越しください。
    申し込みは
    TEL 080-4154-6314
    Mail tomitaarch@jewel.ocn.ne.jp
    富田 まで

    2012/06/30 PM-23:12


    今日は設計機構ワークス 河本さん 主催のワークショップに参加してきました。
    高見庭苑 高見氏 の指導のもと、蛇篭(鉄線で格子に組んだ箱の中に石を入れたもの)の施工と50センチほどの石積みを行いました。
    また、タタキで階段をつくりました。こちらはほとんど見るだけ。

    今回のような蛇篭や石積みの土留めは、こんにちではコンクリートやコンクリートブロックで擁壁として造ることが多いのですが、
    単純な工法であれば、専門家の指導のもと私たちのような素人もある程度までは造ることができます。
    蛇篭や石積みなどの昔ながらの工法は職人さんにお願いするとお金も時間もかかりますが、自分たちでつくれば多少はお金を抑えることができ、苦労とともに愛着もわきます。
    素人が口出しすることではないかもしれませんが、伝統工法が無くなっていくとただ嘆くだけでは何も残らないと思います。
    昔ながらのものはお金と時間がかかるというように早々に諦めてしまうのではなく、何かやれるのではないかと可能性を探ることも必要だと思います。
    私たちは日本人は、戦後から急激に時間をかけて培ってきた伝統や文化を簡単に手放してしまいました。
    単純に高いか安いかを基準にするのではなく、ものを大切にする、やれることは自分でやる、という視点から物事を考えてもいいのではないかと思います。
    急いでできたものは朽ちるのも早く、時間をかけてできたものは長生きをします。

    豊明からの帰り道、そんなことを考えていました。









    トミタ建築設計スタジオ