トミタ建築設計スタジオ

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • カテゴリー
  • 2012/05/28 PM-18:40

    本日は改装工事を進めてきた多治見の「日本料理 水野」さんで写真撮影。
    離れの工事も間もなく終わります。

    2012/05/26 PM-16:36


    友人宅まで自転車で打合せに向かったら、迷子になってしまった。
    道に迷うことなんてほとんどないが、頭の中の地図と実際が違うときはさすがに焦る。
    ときどきこうやって頭の中の「ナビ」を鍛えなくては。

    2012/05/24 PM-15:51


    Architect Sigurd Lewerentz / Photographs of the work & Drawings
    シグアード・レヴェレンツの作品集。
    過去のブログでも書いたが、、、。
    シグアード・レヴェレンツはスウェーデンを代表する建築家。
    あらためてこの本を読み返している。とは言っても日本語ではないので写真をパラパラと。

    原始的な素材を使う意味を考えている。
    これまでは素材感があるものはいい。と直感で使っていたが、それだけではないような気がする。
    建築の原点、ものをつくる原点に立ち戻り仕事をしていくことがこれからは大事なんだと思う。特に東日本大震災後。
    私と同じようにルーツや歴史・文化とは何かを再考している人は多いと思う。

    2012/05/24 PM-14:54


    花音喫茶室にて休憩。
    もともとは花屋さんですが、最近は服や食器や本などが増えてきている。
    花は飾るものだと思っていたが、花は普段の生活にさりげなく添えるものなのかも。
    家庭的なティラミスを食べているとそう思う。
    家から近いんだからもう少し頻繁に来られるよう気持ちにゆとりを作っておかなければと思う。

    2012/05/19 AM-01:52

    市(いち)のブログを立ち上げました。
    市(いち)は岐阜県在住の建築家 西脇靖高と愛知県在住の建築家 富田崇による建築設計ユニットです。 歴史や風景から多くを学び、自らの設計業務に生かすことを目的に活動をします。
    定期的に各地でサーベイや展覧会を催します。
    お近くで催しの際はぜひお越し下さい。

    2012/05/16 PM-20:40

    各務原での打合せの帰り、
    いつもと違う道で帰っていると、石積みの石の色が気になり車を止めた。
    すると土の山と池が出現。なぜか不思議に思えた。

     

     

     

    2012/05/05 PM-23:57

    富山へ行った。
    学生の頃は何度も来た富山だが、いつ以来だろうか。かれこれ10年ぶりだろうか。
    新幹線の高架橋ができていたが、そのほかはあまり変わっていなくてほっとした。
    山には雪が残り、散居村の水田には水が張られていた。
    この季節、これほど美しいとは知らなかった。

     

    2012/05/05 PM-22:48

    新潟県糸魚川市にある谷村美術館
    私の建築設計を志すきっかけとなった建物である。
    建物は人を感動させることができる。この建物はそれを体現している。
    幸運にも18年ぶりに行くことができた。

     

    2012/05/04 PM-20:41

    春日井の落合公園。

     

     

     

    トミタ建築設計スタジオ